« 恥ずかしながら還ってまいりました | トップページ | 宇和島からの手紙Ⅱ »

秋や昔

秋や昔

今年は異常気象で、日本の四季の一つ秋が無かったようでしたね。

夏からいきなり冬が来たような感じです。

私が生体間腎移植手術を受けるため、名古屋第二日赤病院(通称・八事日赤)に入院したのは10月10日であった。

この頃はまだ、残暑が残っていて昼間は半袖でシャツでちょうど良かった気候でした。

手術後のTVニュースでは連日、奄美大島の豪雨の被害の映像ばかりが流れていて、自然災害の恐ろしさをまざまざと見せつけられた。

台風通過後、一気に朝晩は急に冷え込み、いきなり冬到来。

寒いのが大っ嫌いな私としては憂鬱な季節の始まりだ。

さて、私が入院中毎日見ていた風景はなんとも味気ない風景である。

15~20階建のマンション群が林立し、空を見れば小鳥などは1羽も飛んでおらず、見かけるのはゴロツキカラス共だけである。

車で1時間30分ほど離れた、私の生息地では空には必ずスズメ、季節によってはホオジロ、メジロ、セッカ、モズなどの小鳥が飛んでいるものだ。

前にも書いたが、手術から1週間は病院が個室料金を持ってくれるので無料だが、個室を延長する場合は、1日9,450円の個室料金を負担しなければならない。

1日約1万円の出費である。

私のような兵糧が少ない者には痛い出費である。

しか~し、トイレ地獄のまっ最中の私には、まだ4人部屋へはとても移れない。

10分や15分でトイレに走っていては、夜中に皆に迷惑を掛けてしまう。

せめて、30分位はトイレを我慢できるまで膀胱が大きくならなければ、とてもじゃないが移れない。

結局、3日延長した。計算外の約3万円の出費である。

1日9,450円の個室、60代の男性と20代の男性が、私が入院した時から退院するまで占拠していた。

この20代の男性は1度見たことが有る。1階にあるコンビニのレジで私の前に並んで居たので覚えが有る。

身長が185cmくらいで体重は100kgくらいは有るであろう。コンビニの帰り同じエレベーターに乗り合わせて、ずッと私の前を歩いて個室に入ったので分かった。

コンビに行くだけの元気が有るなら、もっと歩いて早く個室から出ろと言いたい。

1ヶ月で30万円の部屋代だ。これじゃぁ親は貯まったものではない。

入院して私が意外だと思った事は、移植を受ける年代が60代の人が圧倒的に多い事だ。

どうだろう6割は60代の人ではなかろうか?そして3割が20代、働き盛りの30~50代は1割くらいであった。

この60代の人達の原疾患は糖尿病から透析になった人達だ。

そして、ほとんどの人が透析導入初期の人達で、透析に馴染めなかった人達だ。

透析後の吐き気、疲労倦怠感、頭痛などに苦しまされ、生きて行く気力が無くなったらしい。

移植によって透析からは解放されたが、インシュリン注射は射ち続けなければならないから大変だ。

だからこの人達は常にベッドの上で横になって毎日を過ごしていた。

本当は少々辛くても身体を慣らすためにも、歩いた方が良いと思うのだが・・・。

私は早く社会復帰をするためにも、暇さえあれば病院内を徘徊していた。

病棟で歩き回っているのは私だけだったように思う。

そんな私でも便秘に悩まされたのである。

20歳代の人達は中には兄弟から腎臓を提供して貰った人も居たが、ほとんどは親からの提供だ。

良く考えれば、私の子供達と同世代ではないか。

可哀そうに、若くして自分の腎臓がダメになるなんて。しかし、頑張って社会復帰をしてほしい。

移植をしたら障害年期は支給されなくなるので、嫌でも社会復帰せざるを得ない。

退院すれば甘えてはいられない現実にすぐに直面する。

手術がすごく体力を消耗する事を思い知らされたのは、術後の食事はお粥から始まるのだが、自分の判断で普通のご飯に切り替える時期が来る。

この普通のご飯を噛むだけで顎が疲れてしまうのである。

依りによってこの時のおかずがチキンの照り焼きだったのだ。

もう顎が疲れて、半分しか食べれなかった。

女房にガムを買ってきてもらって、あごの筋トレの開始である。

八事日赤には1階にコンビニのミニストップが入店している。

このコンビニに午前と午後の2回通うのが私の日課になった。

毎日2ℓのミネラルウォーターとカゴメの乳酸菌飲料ラブレを買う事だ。

カゴメの乳酸菌飲料ラブレを午前と午後1日2本飲飲むようになってから、便秘が解消した。当然歩くことが前提だが。

此処の病院食は何故か揚げ物が出ない。

以前、私が通っていた安城更生病院では、透析食でも豚カツが2切れとか鶏のから揚げなど結構バリエーションに富んでいたのだが、八事日赤では揚げ物がほとんど出ない。

だから、油物に飢えてしまう。

時々、コンビニでフィッシュ&チップスを買ったり、フライドポテトなどを買って食った。

病院食で思い出したが八事日赤では、ほとんど毎日焼き魚がでる。

まぁ、私は肉より魚の方が好きなのだが、それにしても魚の質が悪い。

名古屋の人達はこんな不味い魚を食っていると思うと可哀そうだ。

それに漁師町で生まれ育った私に、こんな不味い魚を出すとは犯罪に等しい。

栄養士には、もっとバリエーションを考えてほしいものだ。と、つくづく思った。

|

« 恥ずかしながら還ってまいりました | トップページ | 宇和島からの手紙Ⅱ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

息子くん術後5日目になりました。

術後2日目は熱が39度あり、それに伴い尿量も減り血圧も脈拍も上がり「拒絶なのでは?」ととても心配しました。

今は熱は37度台にまで下がりましたが、尿量が安定せずラシックスを使っています。

3000出る日もあれば1800ぐらいの日もあるという感じです。

クレアチニンも1.0まで下がったかと思えば2.0になってみたり…。

体重は少しずつ減り、飲んいる量よりは尿となり出ているので「あまり心配しないで」と言われるのですが、なかなか心配しないでいる事は難しいですね。

尿量やクレアチニンに一喜一憂してしまいます。
あと尿中タンパクとか…。
後はラシックスを使わずに尿量か安定して血圧も下がってくれたらと思います。
焦らず見守っていきます。
こちらの近況ばかりでごめんなさい。

またコメントさせてください。

お元気で。

投稿: mama | 2010年11月16日 (火) 03時46分

mamaさん、お早うございます。

夜中の3::46に投稿ですか。
心配で眠れないのでしょうね。
熱が有ると心配ですよね。
息子さんも辛いですし、看病する周りの人も心配しますからね。
術後5日目と言う事は、今日の医師の回診時に尿道ドレーンが抜ける頃でしょうか?
そうすると体回りの管が全て無くなるので、身軽になりますね。

飲水量よりも、尿量が多いのはあまり心配しなくても良いと思います。
逆に飲水量より、尿量が少ない方が心配です。
私なんか7kgも体重が減りました。
それだけ水分で出てしまったんでしょうね。
今でも体重は増えてません。

もう直ぐ免疫抑制剤の血中濃度を調べる検査をすると思います。
1時間おきに採血をして、それで免疫抑制剤の服用量を決めます。

私もCrが1.2から1.7に上がった時が有ります。
その時は免疫抑制剤の服用量が多かったのが原因でしたので、服用量を減らしたら治りました。
免疫抑制剤が多くても、副作用でCrが上がりますよ。

まだまだ術後5日目では数値は安定しませんよ。
数値が安定しなくても、息子さんが元気ならあまり心配しなくても良いと思いますよ。
まだこれからです。
それよりも、心配し過ぎてmamaさんの体調が崩れて風邪などを引く方が、息子さんにはマイナスです。
医師に任せて、mamaさんは夜は眠って下さい。
これから退院まで、まだ最低でも3週間はかかります。
後、5~1週間くらいでドナーであるお父さんは退院します。
そうすると、mamaさんは家と病院との掛け持ちになると思います。体力を温存しておいてください。
お願いですから、夜は眠って体力維持に努めて下さい。
無事の退院を祈っておりますよ。

投稿: 無精者 | 2010年11月16日 (火) 09時08分

お早うございます。ベッドで寝てると本当に体力衰えますね。私も20日ほどの入院で帰ってきたときはちょっと歩くのつらかったです。人間って本当に弱い生き物です。
 
病院の食事は何処でも同じようなものなんですね。
一食300円にもならない予算なので大変なんでしょうけどね。ほとんど葉っぱのおひたしが大半を占めてるようなおかずです。朝はお味噌汁・ふりかけ一袋・牛乳・ご飯のお決まりパーターン
昼のみおかずらしいものがつきます。夜は魚の煮つけか焼き物(無精者さんと同じような魚です)
私は薄味にも慣れてるし家のおかずも葉っぱ系なので苦になりませんが働き盛りの人には耐えられないでしょうね。

移植をしてもまたもろもろ大変ですね。
先日テレビでドナーの腎臓が合わないとドナーの分は実費負担になると言ってました。

投稿: きじ猫のママ | 2010年11月17日 (水) 09時37分

ご退院、おめでとうございます~(*^▽^*)
私のブログにもわざわざご報告いただきましたのに、
学会出席のために留守にしていてゴメンなさい(>人<)

それにしても予定以上に順調に回復されているご様子、本当に安心しました!!

ある程度の期間、透析を経験した患者が移植を受けると、やっぱり“水”で苦労されるようですね(^_^;)

透析時代は「飲むな」と言われていたのに、移植後は「飲め」と言われること。
それから、トイレとお友達(?)になってしまうこと。

中には「トイレで生活したい」とまで思う方もいらっしゃると伺いましたが、無精者さんのお話を伺っていると、トイレへの行き来だけでなく睡眠をとれないことが大きなストレスになってしまうんですね!
勉強になりました。

それから以前、移植後は生魚(お刺身など?)の食事制限があるということを聞いたことがあるのですが、今もそうなんでしょうか??
もし本当なら、お魚好きの無精者さんにはお辛いことだと思いますが、、、。

あとはお兄さまの傷の痛みが落ち着いてくだされば、無精者さんもホッとできますよね!

投稿: 暑がりのミケネコ | 2010年11月17日 (水) 12時56分

無精者さん、こんばんは。

mamaさんの息子さんも、移植されたと書いてあり嬉しく思います。

creは、初めの頃は落ち着かないかもしれませんが、だんだんと下がってきますよ。大丈夫です。
免疫抑制剤の量(血中濃度の値により決まる)にもよりますし、一喜一憂されるのも、本当に分かりますけど、mamaさん自身も体を無理することのないように・・。

投稿: nana | 2010年11月17日 (水) 17時17分

きじ猫のママさん、お早うございます。

葉っぱ物の野菜が出たんですか?
羨ましい。
私なんか退院10日ほど前からですよ。
それまで野菜と言えばブロッコリー、カリフラワー、ニンジンです。あと、インゲンとグリーアスパラが1、2度でした。
インゲンとグリーンアスパラは良いのですが、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジンは見るのも嫌だ。
昨日の夕食にブロッコリーが出たので、女房に泣きを入れました。
魚もまぁ、あんな物私に出すとは犯罪だわ。
煮魚にしたら、臭くてとてもじゃないが食べられませんよ。

ほう、ドナーの腎臓が合わないとドナーの分は自己負担ですか?
国も財政が厳しいですからね。
まぁ、消費税を上げなければどうにもならないでしょう。
UP分を医療、福祉目的化すれば国民も納得するんじゃないでしょうかね。
その前に、馬鹿菅直人とアホ仙石が国会議員を辞めるのが条件ですけど。
それよりも、こいつらは今まで貰った給料分を国庫に返還せよと言いたい。
あらら、話がずれてしまった。
政府の対応に怒り心頭の無精者です。

投稿: 無精者 | 2010年11月18日 (木) 08時34分

ミケネコさん、お早うございます。

もう仕事に出かけてる頃でしょうか。
久しぶりに、ブログに遊びに行ったら学会出席との事。
相変わらず忙しそうですね~。
トイレの方は相変わらずですね。
もう1時間で目が覚めるのが癖になってしまいました。
だから、慢性的に寝不足です。
移植するなら小便が出るうちにした方が良いです。
本当に辛いですよ。
でも、体と頭は透析していた時よりもすっきりしてます。

刺身は年内は避けて下さいと言われてます。
来年、年明けには食べられそうですよ。
飲むな。食うな。と言われると飲みたくなるし、食いたくもなるけど、飲めとか、食っても良いと言われると人間何故か、出来ないものですね。
え!、ひょとかして私だけですか?
やっぱりまだ反抗期かなぁ。

投稿: 無精者 | 2010年11月18日 (木) 08時54分

nanaさん、お早うございます。

そうですねぇ。mamaさんの体の方が心配ですねぇ。
息子さんの熱が下がって、身体周りの管が取れて息子さんに元気が出てくれば、mamaさんもそんなに心配しなくなると思いますけどね。
旦那さんが退院してからの方が忙しくなると思いますけど。
それまで、体調を崩さないようにしてほしいです。

ところでnanaさんの方は大丈夫ですか?
もう、1か月に1度の外来検診ですよね。
私は、昨日が退院後初の外来検診でした。
ちかれたび~

投稿: 無精者 | 2010年11月18日 (木) 09時09分

おはようございます。
そうです、付き添うご家族の体も心配ですよ。
私は、56日に1度の検査です。
最近、血中濃度があがり(13)1カプセル薬を減らしました(グラセプター)。

投稿: nana | 2010年11月18日 (木) 10時24分

nanaさん、こんにちわ。

薬が減量できましたか。
良かったですねぇ。
2か月弱に1回の割合ですか?
もう、彼是、術後10か月くらいでしょうか?
術後の経過が順調のようですね。
月日の経つのは早いものです。
今年2月に宇和島へ行ったのが、昨日の事のように思います。
あれはあれで、ちょとした旅行が出来て良かったですよ。

投稿: 無精者 | 2010年11月18日 (木) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恥ずかしながら還ってまいりました | トップページ | 宇和島からの手紙Ⅱ »